異物を入れない豊胸術

薄着の季節になりボディラインが気になり、特にバストの形や大きさに悩んでいる方も多いですが、そんな悩みを解消する為の豊胸術があります。豊胸といえば胸にメスを入れたり異物を入れたりと悪いイメージをお持ちの方も少なくないでしょうが、最近では異物を入れない豊胸術があります。これは自分の脂肪を胸に注入する方法で長期的に安全性の高い方法です。注入した脂肪が胸に残る生着率別に3種類の方法を取り入れているクリニックがあり、ここでは不純物を取り除いたピュアな脂肪にさらに活性を高めた幹細胞を追加注入する幹細胞豊胸術、古い脂肪や血液、水分などを特殊フィルターで20%以下にまでろ過し注入する濃縮脂肪注入、吸引した脂肪を注入する脂肪注入法があり、異物を入れずに理想のバストにしたい方にはお勧めの方法です。

どの方法を選ぶかは、予算や大きさ、形などで変わってきますが、脂肪の生着率が1番高いのは幹細胞豊胸術で70%から80%と高くしかもシコリのリスクを可能な限り抑えているので、安全性もあります。その他の方法の場合は生着率が30%から60%になり脂肪注入法では脂肪自体に不純物が多いためにシコリ化しやすいリスクがありますので、医師と相談のうえ自分に1番あった方法で理想のバストを手に入れて下さい。また痩身で脂肪があまりない方でもこれらの方法ができるクリニックがありますので、料金体系も含めていろいろな所に問い合わせてみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です