豊胸術のいろいろとそれぞれのメリットとは

もう少しこのバストが大きかったらよかったのに、自分の胸を見ながらそんなことを考えたことがある女性もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな女性の夢をかなえてくれるのが、豊胸術です。豊胸は大きく分けて3つに分かれます。自身の脂肪を注入する脂肪注入法、同じ注入法ですがヒアルロン酸を注入する方法、そしてシリコンのバックを使う方法です。

それぞれに特徴と利点があり、またデメリットもあります。脂肪注入法は見た目的には最も自然で、また触った際の感触も自然のバストと変わりません。傷口も小さいですし、乳癌等の検診を受けることもできます。ただし、痩せていて肝心の注入する脂肪があまり無い人は、この方法には向いていないと言えます。

また、大幅なサイズアップは図れません。同じく注入法であるヒアルロン酸を使った豊胸ですが、こちらも傷口は小さく、また体への負担も少なくて済みます。それは嬉しい点ですが、ヒアルロン酸は時間が経つと吸収されてしまいます。一定期間を過ぎたらまた施術を受けなければなりません。

逆に言えば、施術した胸が気に入らなかったとしてもやり直しがきくということで、そこが利点でもあります。シリコンバックは以前から行われている豊胸法で、最も安定的な施術です。脂肪やヒアルロン酸は吸収されることがあるため、結果が状況によって変わってきます。しかしシリコンバックは望んでいた大きさにピッタリ合わせることが可能で、大幅なサイズアップも可能です。

しかし痛みが強い、バストの動き具合がやや不自然、などの点が気になるところです。以上、代表的な3つの方法を見てきましたが、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分はどのような豊胸をしたいのか、大きさにこだわりたいのか、自然な感触を求めるのか、自分の希望とそれぞれの特徴を考え併せて、自分に合ったものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です