脂肪注入による豊胸について

豊胸には、脂肪を注入する方法によって行うことができます。脂肪注入による豊胸は、自分の体についている、余分な脂肪を吸引し、吸引した脂肪を胸に注入することでバストアップをします。余分な脂肪は、おなかやおしり、二の腕、太ももなどの前身のさまざまな場所から取り出すことができ、ダイエットなどで取りづらい場所の脂肪をなくすこともできます。胸に自分の脂肪を注入するため、体に異常が起こることが少ないです。

注入する場所を選ぶことで、胸の形を整えることも可能であり、理想的なバストを得ることが可能です。脂肪注入による豊胸の手術は、全身麻酔などで行うため、痛みを感じることなく治療を進めることができます。施術にかかる時間は1時間から2時間ほどです。術後に腫れてしまいますが、1週間から2週間ほどで腫れが引きます。

入院の必要がないため、普段仕事などで忙しい人も治療を受けやすいです。メスを使って切開する必要がないため、身体への負荷が少なく、安全性も高いです。脂肪注入による豊胸では、0.5カップから2カップのバストアップをすることが可能です。全身から吸引できる脂肪には限度があるため、大幅なバストアップをすることができません。

注入した脂肪が定着すると、半永久的にバストアップ効果があるため、多くの人が治療をしています。脂肪吸引も同時にできるため、メリハリのあるボディに仕上げてもらうことができます。手術の価格などが多くのクリニックのホームページに掲載されているため、参考にしやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です