きなこ豆乳で豊胸ケア

バストアップしたいけれど、自然な形でケアしたいという方も、多いのではないでしょうか。美容外科で受けられる豊胸手術は、2カップから3カップもバストアップできるので、バストのコンプレックスを一気に解消できます。しかし、費用もかかりますし何より、失敗のリスクがつきものです。最近は豊胸手術の他に、豊胸サプリメントでケアするケースも増えていますが、サプリメントであっても副作用の心配はあります。

より、体への負担を減らしてバストアップしたいなら、食品によるケアがおすすめです。食品の中にはバストに脂肪をつけ、バストアップする効果の高いものがあります。このような働きを持つ食品を、意識して補う事でバストアップが期待できるのです。特におすすめなのが、「きなこ豆乳」です。

きなこや豆乳といった大豆製品には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。大豆イソフラボンは植物性エストロゲンの1つで、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのが特徴です。エストロゲンはバストに脂肪をつけ、女性らしいボディラインを作るホルモンですので、同じ作用のある大豆イソフラボンを補えば、バストにボリュームを出す事ができるかもしれません。きなこ豆乳であれば食品ですので、大豆製品のアレルギーが無ければ、体への負担は無く毎日続けられます。

また、価格もリーズナブルですので続けやすい点も魅力です。バストサイズにコンプレックスを感じている方は、きなこ豆乳でバストケアしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です