豊胸手術でとにかく大きさが欲しいなら

胸が小さくてな悩んでいる方で、大きくバストアップを目指しているなら、豊胸手術による方法がおすすめです。特に2サイズから3サイズといった大きく豊胸させたい方は、シリコンバッグ挿入以外に方法がありません。シリコンバッグ挿入法は、その名の通り、シリコン製のバッグを胸の下に入れる手術です。比較的簡単な手術ですが、いくつかのリスクはあります。

まずは目立たないですが、傷跡が残ります。時間経過とともに消えていき、最後は白い線のようなものが残る可能性があります。だいたいの場合、わきの下にメスを入れ、そこからシリコンバッグを入れるので、その部分に痕ができます。次にダウンタイムが1週間ほどあります。

メスを入れて手術をするので、少しの間は、腫れや痛みなどがあります。それから、定期的なメンテナンスが必要になってきます。シリコンバッグは体内に入れたままでもだんだんと劣化していくので、ある程度たったら交換しておかなくてはいけません。これを怠ってしまうと、バッグが破れたなどのトラブルの原因となります。

それと皮下脂肪の少ない方や、もともとバストの小さい方はシリコンバッグの形が浮き出てしまうことがあります。皮膚とシリコンバッグとの距離が近いために、どうしても起こってしまう現象です。このようなデメリットもありますが、とにかく大きく胸を大きくしたい、人より大きな胸じゃないと嫌という人は、シリコンバッグによる豊胸が一番確実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です