しもぶくれ顏の美容整形

ダイエットに成功しても、顔だけそのままというケースはあります。特にしもぶくれ顔だとバランスが悪くて顔が余計に大きく見えてしまうこともあります。このしもぶくれ顏の美容整形には、バッカルファット除去、ほおの脂肪吸引、エラ削り、ほお骨切り、などが適用されることが多いです。どの治療も輪郭を大きく変化させることができますが、そのぶんリスクが高い施術です。

また、エラ削りやほお骨切りは元に戻すことができませんし、骨削りによって骨がもろくなってしまうこともあります。また、脂肪吸引は皮膚が凸凹になってしまうこともあります。そもそも何が原因でしもぶくれになっているのかを調べることが重要です。単に歯を食いしばりすぎて筋肉が発達しているだけであれば、顔の筋肉をリラックスさせるように心がけたりするだけでも小さくなる可能性があります。

美容整形で対処したいのであれば、ボトックス注射を顔に打つことで筋肉を弛緩させて小顔にさせられる可能性もあります。ただし、ボトックス注射も扱い方によっては麻痺などが出てしまうことがあるので、注意が必要です。輪郭形成手術は、美容整形手術のなかでも難度が高いものが多いです。ダウンタイムも長いので、時間に余裕があるときではないと生活に支障が出やすいです。

手術するかどうかをよく考えて、必要であればセカンドオピニオンも受けてから治療するか決めるようにしましょう。ハイリスクな手術に焦りは禁物です。豊胸のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です