二重まぶたにできる美容整形の施術

美容整形で行われている人気の施術として、二重まぶた埋没法があります。二重まぶた埋没法では、医療用の極細の糸を使って、まぶたを固定して二重まぶたを作る施術の方法です。固定する場所を多くすることによって、二重の形が取れにくくなる特徴があり、仕上がりに満足できないときには施術を受けた後に元に戻すことも可能です。施術を受けた後に腫れる心配もなく、状況によっては施術の当日からメイクや洗顔を行えます。

施術に使う糸は、吸収や分解されないために体内で留まって二重まぶたを維持します。二重まぶた埋没法の施術は、瞼板法と挙筋法の2種類に分類できます。瞼板法の施術はまぶたと上まぶたの間を固定するので、眼瞼下垂を予防できることや腫れにくいメリットがあります。挙筋法の施術は、二重まぶたの形や幅の自由度が高いことや、角膜を傷つけないようにできる点がメリットです。

美容整形で受けることができる二重まぶた埋没法については、長期間にわたって効果が維持できる場合もあれば、まぶたが厚いタイプの人であったり、まぶたをこすってしまうことが癖の人は戻ることも考えられます。メスを使用することのない施術ですので、メスによる手術が怖いと感じている人や、切開したくない人に向いている美容整形の施術となります。気軽に二重まぶたにすることが可能で、腫れや出血の心配がない点も魅力と言えます。二重まぶた埋没法の施術にかかる、平均的な費用の目安は2か所を固定するもので片目あたり約5万円となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です