豊胸の美容整形はなにがベストか

豊胸の美容整形には、いろいろな種類があります。その中でも、シリコンバッグなどの人工物を埋め込む方法と、コンデンスリッチなどの脂肪注入によるバストアップ法があります。どちらが良いかということですが、これは本人の希望や状態によって異なります。シリコンバッグは胸を大きくさせる効果が確実です。

胸に相応サイズのバッグを挿入するので、物理的に必ず大きくなります。ただし、触り心地や見た目が人工的に見えてしまうというデメリットがあります。特に年を取ってくると顕著に違いが見えてしまいます。また、内部での破損や内容物の漏洩などのリスクもあります。

リスクを低くするためには、性能の高いバッグを選択することがポイントになります。もうひとつの脂肪注入による美容整形は、手触りや触り心地が自然に仕上がるのがメリットです。自分の脂肪を注入するので、異物を挿入するという不安感が少ないです。ただし、しこりや石灰化のリスク、脂肪吸引のときの負担というのがデメリットになります。

美容整形した後にすぐに脂肪が吸収されてしまうこともあり、100%大きくならない可能性もあります。また、どれくらい吸引して注入するかによっても異なりますが、シリコンバッグよりも金額が高いケースが多いです。通常の脂肪注入法ではしこりや石灰化のリスクが高くなってしまうので、コンデンスリッチなどの精製度が高い方法を選んだ法が良いでしょう。どちらもメリットデメリットがあるので、よく考えて決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です